俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

母親に影響される性格が見つかったという研究

ããªã¼åç èããã«åº§ã£ã¦ããæ¯è¦ªã¨èµ¤ã¡ãã

 

結論から言うと、

子供は母親の異性関係の傾向(パターン)を継承しているという新しい研究が報告されました。

 

もし、母親がロマンチストで異性関係の経験人数が多ければ、子供はより多くのパートナーがいる可能性が高く、
同様に、離婚や別居をしている母親は、子供も離婚して別居をする可能性が高いとの報告がありました。

 

 

この調査では、3,200人の母親とその子供たちが24年間にわたって追跡されました。
世代を超えて人々が結婚し、離婚した経緯やその後の関係を追跡しました。

 

Kamp Dush博士は次のように述べています。

「多くの子供たちは両親の離婚、新しい同棲関係、その終わりも見ています。
この研究で見られるように、これらの関係はすべて子供の成果に影響を与える可能性があります。母親がより多くの関係を持つのを見た子供はこれを自分でコピーする傾向がありました。」

さらに述べているのが、
「私たちの結果が示唆していることは、
母親が自分の魅力的な特性や異性関係のスキルを子どもに伝えるかもしれないということです。より多くのパートナーを持つ母親は、優れた関係スキルを持っていないか/問題に十分対処していないか(できていないか)/メンタルヘルスの問題を抱えている可能性があり、子供の不安定さにつながる可能性があります。
正確な仕組みが何であれ、親はこれらの特性を子供に伝え、子どもの異性関係をあまり安定させないだろう」

 

この研究はPLOS ONE誌(Kamp Dush et al。、2018)

The intergenerational transmission of partnering

に掲載されました。