俺の言うことを聞いてくれ。

内向的な研究者によるブログ。アンチエイジング/人間関係/性格分析を記事にしています。

孤独を克服する最善の方法

ããªã¼ åçæµ·ã®ä¸­ãä¸äººæ³³ã人

この研究は、Personality and Social Psychology Review誌(に掲載されました

 

孤独はタバコと同じかそれ以上に体に悪いと言われています。

では、社交的ではない、人が苦手な孤独な人はをどのように克服していけばいいのでしょうか。

 

結論からいうと、

孤独を克服する最も効果的な方法は、
孤独な人々が社会状況をどのように考えるかを変えることです。

これは社会的スキルをあげることや、より多くの人と関わること、
さらに社会的支援を増やすことよりも効果的だそう。

 

孤独な人は 社会状況が悪化していくと予想する傾向があるそうです。

この結果は、世界中の何千人もの人々を含む数十年にわたり実施された孤独の50の別々の研究のレビュー(メタ分析)から来ているようで、

 

調査の著者は、孤独な人がどのように社会的状況を経験するかを説明しています:

「孤独な人は、社会的脅威に対する感受性を高め、否定的な社会的情報に優先的に関わり、社会的事象の否定的側面をもっと覚えて、より悪い社会的期待を抱き、否定的な期待を裏付けるように行動する可能性が高い。このループは短期間の自己防衛機能を持ちますが、長期的には認知負荷が高まり、認知機能が低下し、身体的および精神的健康と福利に悪影響を及ぼします」

 

孤独感は伝染性があり、著者は次のように書いています。

「孤独な人たちは、他者にネガティブな感情を伝えるだけでなく、他人からそれを引き出し、他の人にそれを伝えます。
孤独な人々を一緒に連れて行くと、孤独になることは明らかです。
孤独な人を一緒に連れて行くだけで、新しい仲間ができないかもしれない。なぜなら、孤独な人たちの考えや行動は、関係パートナーとしての魅力を弱めるからだ」