俺の言うことを聞いてくれ。

論文を年間1000本以上読む男。エビデンスを求めて3000里。科学に基づいた最新の情報を日々更新しています。

- 科学的に証明された知識を手に入れ、日々の生活をUPDATEする-

リボ払いを戦略的に使うと逆にお得になる話

 

以前、カード会社の収益はリボ払いでめちゃくちゃ儲けてる!という記事を書きました。

cardman.hatenablog.com

今回は消費者の目線でリボ払いを有効に活用しよう!というお話をします。

そもそもリボ払いってなんだっけ??

そもそもリボ払いってなんだっけ?という人のために軽くリボ払いについて説明をします。

リボ払いとは毎月の支払額をコントロールすることができる支払方法になります。

例えば、お金が2万円しかないときに急な用事で10万円のお買い物をしてしまったとします。普通の一回払いならば7月に買い物をした場合には、8月に10万円の請求がされます。

しかし、リボ払いは毎月の支払額を自分で決めることができるので、8月は2万円を払っておこうという選択ができるようになります。

ここで大切なことは2万円の支払いにした場合には、翌月以降に8万円を支払わなければいけず(8万円借金したと考えたほうが本質的です)、この8万円に対して金利がかかってしまうということになります。

借金しなければ金利はかからない

当たり前のことを書いていますが、借金をしなければ金利はかかりません。

上記の例でいえば、10万円の支払いに対して、毎月5万円払うという場合と毎月1万円払うという場合では、借金の減るスピードが前者の方が早いのでもちろん金利は前者の方がかかりません。

1か月目:10万円×1.5%=1,500円

2か月目:5万円×1.5%=750 円

10万円のリボ払いに対して毎月5万円の支払いをした場合にはカード会社に支払う手数料の合計は2,250円になります。

(※あくまで目安の金額ですので、これくらいの規模になるのかー、ぐらいの認識でいてください。)

カード会社らのキャンペーン合戦

f:id:i_am_janga:20180708170412p:plain

こちらは楽天カードのキャンペーンになります。

このキャンペーンを詳しく見てみると、

・自動リボに登録する

・合計30,000円以上のお買い物をする

・8月27日(月)、9月27日(木)の請求の際には支払いのコースは30,000円以下にする

・10月1日までリボ払いを解除してはならない

上記の条件をクリアすると楽天スーパーポイントが6,000ポイント必ずもらえるとしています。

このようなリボのキャンペーンは各カード会社が競うように実施しており、各社がそれぞれがあの手この手を使って消費者にリボをしてもらうよう試行錯誤しているように思えます。

我々消費者がリボ払いから利益を得るためには

ここまでの記事を振り返ると我々消費者がとるべき戦略はリボ払いには手を出さないこともそうですが、もし必要になった場合には明確な取るべき戦略があるのです。

それは、

①リボ払いにした場合にはお支払いコースをなるべく毎月支払える最大額をあげること

→リボの積み立ての額の減りが早くなり、手数料を抑えられる。

②カード会社が実施しているキャンペーン利用すること

ここで①と②を使用して、上記の楽天カードのリボ払いキャンペーンの活用方法を説明します。

 

まず、キャンペーンの適用条件までリボ払いを行うこと。ここでは条件として、自動リボに登録後3万円まで利用することとします。

そして、次に毎月のお支払いコースを

8月27日(月)の請求の時点で2万5,000円

9月27日(木)の請求の時点1.で5,000円とします。

復習になりますがなぜこのように毎月の支払を行うかというと、借金の額を減らして手数料を取られないようにするためです。

実勢に計算すると、

3万円×1.8%=540円

5千円×1.8%=90円

になります。(※あくまで目安の金額ですので、これくらいの規模になるのかーぐらいの認識でいてください。)

この700円弱の手数料を支払えば、カード会社から6,000円分のポイントを受け取ることができます。差し引き5000円ぐらいの儲けです。

怖がる前に自分で計算をしよう!

リボ払いと聞いたら条件反射で怖い!悪!という意見が聞かれますが、自分の頭で考えて計算をすれば逆に儲けることができるのです。全員がこのように効率的に行動すれば、カード会社はこのようなキャンペーンを行わなくなると思いますが、現状を見ると毎月このような賢い消費者にとってはおいしいキャンペーンをしていますので、おそらくリボに飲まれてリボに苦しまれる人が大多数なのでしょうね。。