俺の言うことを聞いてくれ。

論文を年間1000本以上読む男。エビデンスを求めて3000里。科学に基づいた最新の情報を日々更新しています。

- 科学的に証明された知識を手に入れ、日々の生活をUPDATEする-

成功するためにはまずは自分を知ること

久々の記事になります。

しばらく仕事が忙しく完全に放置をしていました。

 

仕事をしながら日々のニュースやいろいろな書籍に目を配るのですが、

最近やたら「普通」であることを否定する記事を見かけます。

普通である人は下記のようなネット記事をみてドキっとするのではないでしょうか。

普通の日本のサラリーマンならおびえる記事だと思います。

なんせ普通なんですから。

普通な人は学校ではそれなりうまくやってきた人達だと思っています。

学校での評価基準は普通な人を評価する体系になっている為です。

普通な人はこの生産性向上が叫ばれ、AIによる自動化・人員削減記事や10年後になくなる仕事一覧などをみて、ただ不安な毎日を送ればよいのでしょうか?

そんな訳あるはずありません。

世の中には2種類タイプがいて、学校での教育を受けて

・スクリーニングされなかった人(普通な人)

・スクリーニングされた人(異常者)

の2つに分かれます。

今、世の中の動向をみると、スクリーニングをされた人(異常者)に良いフォーカスが当たっていて、ホリエモンのベストセラー?の多動力なんかをみるとやっぱりこの普通じゃない人達への賞賛が集まっている気がします。

でも、世の中の人の大多数はスクリーニングされなかった人(普通な人)のはずです。

普通な人がホリエモンの多動力を読んで「行動」ができるのであれば全然良いほうだと思います。

しかし行動できない人がほとんだと感じています。

じゃあ、行動できない普通の人はどうすればよいのでしょうか。

まずは一番初めに行うことは自分を知ることです。

自分の強みを把握するに尽きると思います。

とことん内省を行ってください。

普通を極めれば普通じゃなくなるのです。

今、思っていることをさらっと言語化しました。

そのうち続きを書いていこうと思います。